子連れで海外旅行するなら香港が最高!

子連れ香港旅行を楽しむ500のヒント

未分類

「シンフォニー・オブ・ライツ」で夜の香港をちょっとだけ楽しむ

更新日:

夜の香港といえば「100万ドルの夜景」として知られるビクトリアピークの夜景が有名ですが、子連れ旅行で夜のお出かけはなかなか難しいものです。子供と一緒ならば、街中で短時間だけ夜の香港を楽しめる「シンフォニー・オブ・ライツ」という光のショーがおすすめです。

ギネス認定の「音と光のショー」

ビクトリア湾を取り囲む夜景に、香港島側・九龍側それぞれの高層ビルからレーザー光線が飛び交う光と音楽のレーザーショー。それが「シンフォニー・オブ・ライツ」です。「世界最大の永続的な光と音のショー」としてギネス認定もされています。
ただでさえ美しい香港の夜景に、レーザー光線が音楽に合わせて色とりどりに動いて輝くショーは圧巻です。日本の花火にも通じる所があるので、もちろん子供は大興奮間違いなし!毎晩開催されているので、香港滞在中に一度は見に行きたいものです。
このショーは毎夜20:00から約15分開催されます。お子さんによっては眠くなってしまう時間帯ではありますが、日中お昼寝をさせるなどして体調を整えて望みましょう。

どこから見るか?

「シンフォニー・オブ・ライツ」、子連れだとどこから見るのが良いのでしょうか?

①尖沙咀プロムナード
九龍半島からビクトリア湾を望む絶景ポイントなので、ショーを鑑賞するベストスポットとも言えます。人気のスポットだけに、残念ながら混雑は避けられません。最前列を陣取って小さい子供もしっかり見られるようにするためには、余裕を持って30分ほど前から場所取りをしておくのがおすすめです。

②ガーデンオブスターズ
①のプロムナードの近くにありますが、プロムナードほど混んでいないので子連れでゆったり鑑賞するのにはうってつけです。2階が公園になっているため、離れていても見晴らしは良く、ショーはしっかりと見ることができます。

③湾仔ウォーターフロント
「シンフォニー・オブ・ライツ」と言えば九龍側から見るのが定番ですが、お向かいの香港島からも見ることができます。ここ最近は九龍側にも高層ビルが増えたためショーはしっかり楽しめます。宿泊ホテルが香港島側であれば、帰りのアクセスもこちらの方が便利。湾仔の駅からは徒歩15分位かかるので、子連れであればタクシーを利用したほうが良いでしょう。

④スターフェリーに乗る
開始時間に合わせてフェリーに乗り、海上からショーを楽しむことができます。ただし、やはり旅行客で混みあうため観光シーズンだとうまくショー開催のタイミングに合わせて乗船できない可能性もあります。

⑤ホテル
子連れであれば、ビクトリア湾が見える部屋に滞在して夜景や「シンフォニー・オブ・ライツ」をお部屋から楽しむという選択肢もあります。特に小さいお子さんは眠くなってしまう時間帯。子供に負担をかけずに家族みんなでショーを楽しむことができます。海が見えるお部屋は少々お値段が張りますが、投資するだけの価値はあります。

帰りに注意

ショーが終わったら観客は一斉に帰り始めますので、タクシーは長蛇の列となります。夜に眠くなっている子どもを連れて列に並ぶのはかなり大変です。ホテルが徒歩圏内であれば良いのですが、少し遠い場合は、ショーを一足早めに後にしてタクシーを拾うなど工夫しましょう。

最近はプロジェクションマッピングも取り入れている「シンフォニー・オブ・ライツ」。短時間だからこそ、小さな子供も飽きずに楽しめると思います。ぜひスケジュールに組み込んで下さい!

-未分類

Copyright© 子連れ香港旅行を楽しむ500のヒント , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.